FIELD MUSEUM SA・NU・KI

 

FIELD MUSEUM  SANUKI


『モノをつくることはよろこびをつくること』
作り手というそれぞれの『個』から生み出されるモノ。
それらがひとつに集まることでさらに魅力ある空間を作り、互いが高め合い響き合える場となることを願う。

[フィールドミュージアムSA・NU・KI 2018]

― 工芸とまち並みを巡る展覧会 ―

2018年 11月2日(金)、3日(土)、4日(日)10:00〜16:00

フライヤーはこちら

引田のまち並み展覧会

■会場:讃州井筒屋敷 笠屋邸 煙突広場 旧商店 今井邸 てんぐ邸 窪田邸
    吉原邸 山本醤油

フィールドミュージアムSA・NU・KIでは、引田という、昔ながらの風情と営みがあり
どこか懐かしさを感じる空間の中で、これまで10年にわたり作品展を開催してきた。
第11回の開催にあたり、それぞれの素材が持つ魅力をより引き出し直接伝えることができればと、まち並みの中に点在する個性豊かな空間の中で個展あるいは二人展のかたちで展示を行う。
そして、ここでしかできない展覧会を目指す。

※3日間出展作家が各展示会場に在廊し、作品展示および販売を行います。


企画展DMはこちら

讃州井筒屋敷 母屋 特別企画展
【伝え授かる】山下晴義 石井真咲喜 山下真守美 金工展

■会場:讃州井筒屋敷 母屋(入館料300円)

素材との出会いは、作家によりさまざまである
金属を選んだ父と二人の娘
ただひとくちに金属といっても、鉄、真鍮、銅、銀、青銅…その種類は豊富にあり、
用いる工法についても、彫金、鍛金、鋳金など表現する目的に応じ異なる
どの素材を選び、どのような工法でどう表現するか
無限の可能性を秘めた素材が、作家の手によりひとつの作品へと生まれ変わる
本展では、親子という絆を通し伝え授かるものと、三者三様の素材への取組み、そしてその可能性を探る

※ギャラリートーク… 11/3(土)、13時〜14時ごろまで作家本人による作品解説を行います。


2018年出展作家(敬称略)

お問い合わせ

フィールドミュージアムSA・NU・KI
実行委員会事務局
E-mail:fieldmuseumsanuki@gmail.com

地図上の「拡大地図を表示」をクリックすると
別ウィンドウで拡大表示されます。

無料カウンター

PAGE TOP