FIELD MUSEUM SA・NU・KI

2014 出展作家一覧
artist

2018   2017   2016   2015   2013


まち並み展覧会

安達 健[あだち たけし]

陶芸

あじのひものときゅうりのつけもののような からだとせかいの接点
はたまたうちとそとの結び目 そこにありうべき器を思い、日々土に向かっています 。うつわとして、やきものとして、じかにまにまに
差し出すことを旨としています

http://www.ccnet.ne.jp/himono-tsukemono/
http://ajikyuu.exblog.jp/
cry-baby-cry@ccnet.ne.jp
 岐阜県本巣市政田2552-5

安藤 由紀[あんどう ゆき]

木工

自然の形、風、香り、色合い、そんな情景を見て、感じること大切にしながら、モノ作りをしています。そっとそばに寄りそい、長く使って頂けるような木のコモノを作りたいと思っています。これで日々の生活のひとコマが楽しく心温まるひと時がなったら…と願って作っています。

http://ivory-plus.jimdo.com/
http://d.hatena.ne.jp/soramame23/
komorebi-to@kuc.biglobe.ne.jp
 TEL/FAX:088-678-7922

井倉幸太郎[いくら こうたろう]

陶芸

青白磁釉の魅力を最大限に引き出せる形つくりを意識して
制作しております。


http://www.yagyuyaki.com
 TEL:0742-94-0154
 奈良県奈良市柳生下町397

入江 優子[いりえ ゆうこ]

にんぎょう、布製品

素材と色の組み合わせとステッチやペンダントでつくる
「ひとたち」(にんぎょう)の表情。
そのバランスを楽しみながら日々制作しています。


http://blog.livedoor.jp/iriiri_doll/
iriiri-doll@hotmail.co.jp

いわもとあきこ[いわもとあきこ]

割き織り

毎日持ち歩くバッグがあれば、たまに登場する「忘れていたあの子」
そんなバッグもいとおしい。
大きさも形もみんな好みが違うから、私は今日も新しい形を、
色を考えることができるのだと思う。


http://sakiori-sasasa.petit.cc/
acco-172@mxi.netwave.or.jp

落合 芝地[おちあい しばじ]

木工・漆

木地作りから漆塗りまで一貫製作で、
普段使いの器を作っています。
是非、手に取ってご覧ください。

http://ochiaishibaji.jp/
info@ochiaishibaji.jp
 滋賀県大津市南小松1838-1
 TEL/FAX:050-1290-8529

加賀 雅之[かが まさゆき]

木工

どちらかといえば、工業製品に惹かれます。
手仕事の跡は、なるべくなら前に出ないように。
道具としての機能は大切に、素っ気ないくらいのところで手を止める。
そんなイメージで、木のものづくりと向き合っています。


http://semiaco.jugem.jp/
semiaco2012@gmail.com

蠣ア マコト[かきざき まこと]

ガラス

日々の生活の中で見過ごしてしまう美しい色や形
その美しさを透明なガラスの中で受け止め、
存在感のあるものに出来たらと思います。


k.g.s@blue.ocn.ne.jp

佐伯 霜[さえき そう]

絵画

小さくてさまざまな形をしたかけらたちの集積によって
色が反応し合うこと。不思議な空間を生み出すこと。
そういったおもしろさに興味を持ち、また魅力を感じながら
制作をしています。
歴史ある建物の中で作品自身がどんな風に佇んでくれるのか、
楽しみです。

諏訪 匠[すわ たくみ]

万年筆

美しい樹脂材、希少な自然素材を用い万年筆を製作しています。
Penは自分の気持ちを人に伝える道具。
手で書く楽しみ、自分だけのPenを持つ喜びを
伝えていきたいです。

http://helicopen.exblog.jp
nohhoso18pura@gmail.com
 香川県高松市国分寺町新名491-6
 TEL:090-7575-5987

崇心[たかし]

陶芸

・土が持つ素材感や表情を生かした作品造りをしている
・工房作品として実用的で食卓を彩れる器作りをしている


hare-kotatsu8@ob.aitai.ne.jp
 岐阜県土岐市妻木町3246-108

中本 純也[なかもと じゅんや]

陶芸

・器に盛って、食べ物を味わうという不思議な習慣。
・粘土でかたちをつくり、やきかためて、つくる器を味わう。
 この2つには共通したものがあると考えて作っています。


 和歌山県田辺市龍神村柳瀬1472
 TEL:0739-78-0774

西山 芳浩[にしやま よしひろ]

ガラス

吹きガラスを始めて、17年になります。最近では自分のイメージした
通りに形づくるのではなく、ガラスの自然な形を取入れるようにして
制作しています。目まぐるしく形を変えるガラスという素材の一瞬一瞬を見逃さないよう、うまくつかまえたい。
そんな気持ちで日々吹きガラスと向き合っています。
自然と手に取ってしまうような器であれば幸せです。

yoshi1117@ac.auone-net.jp
 石川県金沢市桜町21-15
 TEL:090-2065-0899

能勢 貴臣[のせ たかおみ]

木工・木彫

何の役にも立たないけれど、何の違和感もなくその場に馴染み緊張を
緩和する道具。 そういうモノを作りたいと日々、思っているのです。
正解もゴールもない、これ以上でも、これ以下でもないところで、
バランスを取りながら日々、削っているのです。


hatoebisu@gmail.com
 京都府綾部市睦合町小田41
 TEL:090-4302-9942

能勢 春香[のせ はるか]

陶芸

素朴だけど豊かな食卓。そこに似合う健やかな器をつくりたいと
思っている。命をくれるいきものたち、料理をする人、それを盛る器を
つくる人、おはしつくる人、食卓つくる人、食べる人、いろんなものや
人が関わって一つの食事ができていく。
食べることは一大事。大切にいただいて、燃えた命で大切につくる。

http://noseharu.blog.fc2.com/
harunome1123@hotmail.co.jp
 京都府綾部市睦合町小田41 TEL:080-6908-5726

服部 竜也[はっとり たつや]

陶芸

1つ1つ丁寧に作ることを日々意識して制作しています。
作品を通じて感動が少しでも伝わればうれしいです。


tao@ob4.aitai.ne.jp

浜野マユミ[はまの まゆみ]

陶芸

佐賀県有田町で、焼き物作りを学びました。
町の中では、今でもたくさんの古伊万里を見ることができます。
古い陶片を手に、江戸時代の陶工の仕事を想像し、
日々制作をしています。つよく美しい器が作れたら、と思います。


 TEL:090-7381-3209

藤居 奈菜江[ふじい ななえ]

陶芸

色んな種類の土をロクロで、練り込んでつくっています。
やわらかい形、料理が楽しくなるような器をつくりたいです。


fujiinanae0626@yahoo.co.jp
 岐阜県土岐市妻木町3246-108

ふたあい政則はらだ[ふたあい まさのり はらだ]

藍染

「ふたあい」は阿讃山脈の麓で型染技法を主とする藍染を手がけます。日本の天然色として親しみ深い美しさを持つ藍染を伝統品のみに限らず現代生活の趣味やインテリアとして新しい生命を放って息づかせたいという想い熱く創作を続けています。
藍は愛とも会いとも解したくひと品の藍染でつながるご縁もまた私の仕事の原動力です。

 徳島県鳴門市大麻町池谷字浜田82-1
 TEL/FAX:088-689-1392

森岡 英世[もりおか えいせい]

ガラス

家庭から排出される空瓶を熔かし普段つかえる器などを制作。
作品中に使用される色も瓶をつかい表現。


http://k4.dion.ne.jp/~okina-gl
okina-glass@w2.dion.ne.jp

村上 千晶[むらかみ ちあき]

藍染

昔ながらの藍染技法を守りながら、
新しい時代に合う感覚をしていきたいと思っています。
いつもこころがけているのは、「ひとつ、ひとつていねいに、手のぬくもりを感じる物作り」です。


http://awaaizomekoubou.com/
 徳島県板野郡上板町七條字庚申ノ本13-5
 TEL/FAX:088-694-6339

山下真守美[やました ますみ]

金工

毎日私は小さな旅にでます。その旅には私の知らない世界がたくさんあり、 悲しいこと、楽しいこと、嬉しくなることは、実は自分の歩くあしもとにあることに気付かされます。
毎日触れ合う動植物を鋳造でしかできない表現で生み出してみます。

http://www.somory.com/
http://mermansdream.blog.shinobi.jp/
mermansdream@gmail.com
 香川県高松市鶴市町865-1

脇谷内里絵[わきやち りえ]

絵画

私は、日常生活で現実に眼で見えている部分と自分の中の感情や記憶、イメージを同等なものとして同存化させることで、
新たな造形世界の可能性を追求している。
現実にはありえない世界を表現しつつ、鑑賞者により強く現実の世界を意識させ、目を逸らしても意識に残る作品を作りたい。


wakirie0522@hotmail.com

母屋企画展

石井 章[いしい あきら]

鉄造形

子供の頃ルールがあって、遊ぶ事も学ぶ事も、友達とのやりとりや家庭での約束事や様々な物事のルール。
でもある時どうしようもなくハッと気付いたら楽しくて抑えきれなくて ここでもかっというとこまでいっぱいいっぱいその制約の許す限りぎりぎりぶつかっていた頃の事を思い出した。
そんなやりとりが鉄ではできるんです。

http://blog.livedoor.jp/showshowshop
bknjk082@ybb.ne.jp
 香川県綾歌郡綾川町陶1153-1
 TEL:090-8308-1013 FAX:087-876-1152

イワサトミキ[いわさと みき]

絵画・イラスト

作品をつくる時は人の二面性や煩悩に翻弄される滑稽さの表現を
主なテーマとして扱っています。


http://iwasatomiki.com
info@iwasatomiki.com

松本 光太[まつもと こうた]

漆芸

日々の生活の中で、楽しい、おもしろいと思った事を題材に
製作を続けております。
ツクリテとして感じた事、思った事を形にできる幸せを皆様に
ほんの少しでも見ていただきたいと思います。


http://sinra-urusi.com
 高松市岡本町147-93
 TEL/FAX:087-886-8802

山地 裕之[やまぢ ひろゆき]

木工

素材の持っている力を大切に、自然体で作っています。


 香川県東かがわ市五名1814-2
 TEL/FAX:0879-29-2566

ふたあい政則はらだ[ふたあい まさのり はらだ]

藍染

「ふたあい」は阿讃山脈の麓で型染技法を主とする藍染を手がけます。日本の天然色として親しみ深い美しさを持つ藍染を伝統品のみに限らず現代生活の趣味やインテリアとして新しい生命を放って息づかせたいという想い熱く創作を続けています。
藍は愛とも会いとも解したくひと品の藍染でつながるご縁もまた私の仕事の原動力です。

 徳島県鳴門市大麻町池谷字浜田82-1
 TEL/FAX:088-689-1392

PAGE TOP