香川県の東端、東かがわ市から始まる新しい旅・観光のカタチ

まちづくり観光塾 第2期(H28基礎編)第2回講習開催

『贈り物の意味を考えよう』
去る8/25(金)18:30より「東かがわまちづくり観光塾基礎編Ⅱ期~マネジメント編~」の第2回講習東かがわ市交流プラザで開催しました。
残暑厳しい夏の昨夜であるにも関わらず、今回も約20名の塾生の集まり、まちづくり観光のための考え方である「贈り物の価値」づくりに取り組みました。

実際に使用したのは東かがわ市の白地図。実際に東かがわ市の観光コースを作るとすればどこがいいかを塾生それぞれ議論を重ね、案を発表しました。

まずは、島根県 玉造温泉の取り組み事例について学びました。

では、東かがわ市で考えてみましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

グループごとに分かれて企画会議。
発表。ユニークな企画が出てきました。
「空海と水」四国の道やパワースポットをめぐります。

白鳥温泉から大坂峠までお遍路コースを歩くツアー。

恋の船出 ~地上の七夕~ 山田海岸~丸亀島を歩く。