香川県の東端、東かがわ市から始まる新しい旅・観光のカタチ

引田城跡・城山

ちょっと足をのばしてハイキング

戦国時代の終わりごろの天正15年(1587)に、播磨国赤穂(兵庫県赤穂市)から豊臣秀吉の家臣である生駒親正が讃岐国を治めることとなりました。生駒氏は讃岐国を治めるために、高松城、丸亀城、引田城を築きます。慶長年間(1596~1615)に高松城と並行して、西讃に丸亀城、東讃に引田城が築かれました。東讃地方の支城として利用されていましたが、一国一城令により、1615年に廃城となりました。

現在は生駒氏が築いた自然石を積んだ野面積の石垣が残されており、往時の威容を感じることができます。建物の礎石やたくさんの瓦も見つかっています。城山の高さは82メートルであり、頂上からは引田のまち並みや瀬戸内海が眺められます。

ハイキングの申し込みは東かがわ市生涯学習課へ希望日の1週間前まで。所用時間は2時間、受入人数は1名以上。悪天候により中止する場合があります(保険は各自でかけてください)。

引田城跡

住所 〒769-2901 東かがわ市引田
TEL/FAX TEL:0879-26-1238(東かがわ市生涯学習課)
営業時間
定休日
料金
URL
マップ